引っ越し業者は価格だけでは決められない

念願の一軒家を購入しての引っ越しでした。それまでには実家から少し荷物を運んだ転居しか経験が無く、家財道具一式を運ぶのは初めてでした。

まずは引越し業者選びをしないといけないのですが、全く知識が無かったので、家を購入するときにお世話になった不動産に紹介してもらいました。紹介でも比較はしたほうが良いからと、2社に見積もりをお願いすることにします。

一つは大手の業者で、見積もり依頼の際にお米をもらいました。もう一社は地元の業者で、不動産からもここは比較的安くやってくれると聞いていました。

引っ越しは福岡市内で距離も近かったので、主に荷物の量と日取りが見積もりポイントとなりました。どちらも営業担当の方が来て見積もりをされました。

大手の業者は大方決まっているらしい価格帯から値引きして提示されました。

地元の業者は家の中を見て話をしながら荷物量を算定して価格を出されたようですが、紹介ということもあって初めからかなり安く提示されました。もちろん値段の安いことは助かるのですが、実際の作業で納得がいかないようでは困るので、しっかりと話をしました。

その際に地元の業者の担当者の方がとても親身に話を聞いてアドバイスをしてくれました。例えば、引っ越し先が近いので衣装ケースなどある程度は自分で運ぼうと考えているという話をしましたが、車の大きさ、積み込んで運転してまた荷物を下ろして家に運び入れる手間などを考えると、一気に業者に任せたほうが良く、大型家電でもないので料金にさほど影響しないことなどを説明してもらいました。

こちらの荷物量だけでなく、家庭の事情を考慮した提案をしてもらって良かったです。また、引っ越し作業をするのは専門のスタッフが3名で行うので安心ということでしたし、実際に手際も良かったです。

もしまた引っ越しや知り合いが引っ越しをするようなことがあれば、安心してお勧めできる業者だと思います。

おすすめ:混載便で遠距離引越しの費用を節約しよう
遠距離引越しが決まったら混載便の業者を活用しよう。引っ越し費用が大きく節約できる可能性が高まります。混載便とは同じ地域への荷物を積み合わせて運ぶ輸送方法。

大手なら当然のように採用している輸送方法ですが、地域の小さな引越し業者では難易度が高い方法でした。

同サイトで紹介しているプロスタッフでは、関西、関東間にまず支店を作り、この区間の混載便をまずは集めて、それ以外の地域はそれぞれに在住している引越し業者の手を借りることで大手と比較して遜色ないネットワーク網を構築してきました。

混載便活用により長距離引越しの料金は従来よりもぐっと安くなります。最初に聞いた引越し料金があまりに高いからってあきらめるのは早すぎます。長距離引越しは業者間の価格差が大きい形態の一つなのです。

予算オーバーで悩んでいる時には、ぜひ混載便料金で格安引越しを提供するプロスタッフまでお電話ください。プロスタッフなら荷物が少ない荷物限定ですが、電話見積もりにより確定料金の算出も可能です。

仮に荷物が多い家族荷であったとしても他社見積もりがあるなら、最終的に訪問見積もりが必要にせよ、それより安くできるかどうかの回答はできるかもしれません。

少なくともチャーター便で長距離引越しを請け負っている業者よりははるかに格安な料金での引越しサービスを請負える可能性が高いと思います。

遠方への引っ越しにおける業者選びに悩んでいるなら混載便活用で格安料金の引越しを提供するプロスタッフまでどうぞ一声お掛けください。

About

Categories: 生活