ミネラルウォーターでミルクを作る時の注意点。軟水のウォーターサーバーもおすすめ

多くのお母さんやお父さんにとって、赤ちゃんに与えるものには細心の注意を払って与えている人たちが多く、赤ちゃんの身体に良いものを与えたいと考えて与えています。ミネラルウォーターは、ミネラル分を多く含み身体に良い水とされているため、多くの人が水道水ではなくこちらを選んで飲み水にしたり料理などに使ったりしています。

身体に良い水であるこのミネラルウォーターを、赤ちゃんのミルクに使ってみたいと考えることは普通のことなのですが、ミネラルウォーターを赤ちゃんのミルクを作るときに使うことはおすすめができません。ミネラルウォーターを赤ちゃんのミルク作りに使ってはいけない理由は、マグネシウムなどのミネラル分を多く含んでいるミネラルウォーターを赤ちゃんのミルク作りに使い飲ませてしまうと、赤ちゃんの内臓の中の胃や腸や腎臓などに負担をかけてしまい、身体に悪い影響を与えてしまう可能性があるためです。赤ちゃんがミネラル成分を多く含んでいるミネラルウォーターをたくさん飲んでしまった場合は、下痢などの症状が出てしまう赤ちゃんもいるのです。

赤ちゃんのミルクを水道水を使って作る時には、水道水を沸騰させて水の中に含まれているカルキを取り除いてからミルクを作るのが常識となっています。これと同じように、赤ちゃんのミルクを作るためにミネラルウォーターを使う時には、ミネラルウォーターを水道水の時と同じように沸騰をさせれば使えると考えてしまう人が多くいますが、沸騰させても赤ちゃんのミルク作りにミネラルウォーターを使うことはおうすすめができません。

このような場合、水道水の時と同じようにミネラルウォーターに雑菌などが含まれている場合、ミネラルウォーターの殺菌効果はありますが、使用するミネラルウォーターが日本で作られているものの場合では、初めから殺菌処理を行うことが義務付けられているので、ミネラルウォーターの殺菌を目的に沸騰をさせたとしてもほとんど効果がないのです。そして、ミネラルウォーターを沸騰させても含まれているミネラル分は残ってしまうことになり、ミネラルウォーターを沸騰させてから作ったミルクを赤ちゃんに与えた場合、赤ちゃんの胃や腸などに負担になってしまい、身体の健康に影響をだしてしまうことになります。

このように赤ちゃんのミルクを作る時に、ミネラルウォーターを使うことは赤ちゃんの身体に良くないのでおすすめできませんが、全てのものを使ってはいけない訳ではありません。
ミネラルウォーターの中でも赤ちゃんのミルク作りに使うことが可能なものもあるのです。
水には硬度があり、軟水と硬水の2種類に水を分けています。この硬度というのは、カルシウムとマグネシウムが水1リットルの中にどれくらい含まれているのかを表したもので、カルシウムとマグネシウムが水1リットル中120㎎を超えると硬水となり、120㎎以下の時には軟水ということになります。
赤ちゃんのミルク作りにミネラルウォーターを使う場合には、なるべく硬度が低い軟水を使うようにしなければいけません。

また、水の硬度が300㎎を超えてしまうようなものは赤ちゃんのミルク作りには絶対に使ってはいけません。最近、多く見られるものに純粋や超軟水と呼ばれているものが多くなってきていますが、純粋や超軟水などは水の中に不純物などをほとんど含んでおらず、また、電解質なども取り除いてあるミネラルウォーターのため、これら純粋や超軟水は赤ちゃんのミルク作りには適した水であると言うことができます。

これらのような軟水や純粋や超軟水を使う場合は、軟水の場合は近所にあるスーパーやコンビニエンスストアでペットボトルの飲料水として売られていますが、純粋や超軟水と呼ばれている水を購入するためには、赤ちゃん用品としてこの水を取り扱っていたり製造しているメーカーから販売されていたり、精製水として薬局やドラッグストアなどで購入することができます。

また、最近多くの家庭で導入されているウォーターサーバーでも純粋や超軟水といった水を取り扱っているので、赤ちゃんのお世話を目的として契約をしている家庭が増えています。
>>赤ちゃんのウォーターサーバー.com
このような水を使う時に注意をしなければいけないことは、スーパーなどで純粋として販売されているペットボトルに入っている水です。これらの多くは、純粋でがなく、アルカリイオン水のものもあれば、通常の水道水をろ過しているだけの水もあるので、赤ちゃんのために使うことはしない方が良いと言うことができます。このように、赤ちゃんの身体の健康のために使う水は、できる限り硬度の低い水を選ぶ必要があります。また、使う時には沸騰などしないで、そのまま使っても大丈夫です。

また、純粋や超軟水は赤ちゃんのお世話に使えるものをしっかりと選んでいけば、赤ちゃんの身体の健康に対して良い影響を与えることができるのおすすめします。