虎ノ門ニュースで紹介されていたコミンテルンを応援するデュープスとは?

虎ノ門ニュース2018年 (平成30年) 12月4日 (火) に 作家の百田尚樹と初登場だったジャーナリストの江崎道朗さんで見た時はいろいろなことが衝撃的でした。

共産党とコミンテルン

正直、私はコミンテルンというのをあまり知らずにいました。

今回、江崎道朗さんが説明してくれた虎ノ門ニュースでかなり勉強になりました。

コミンテルンの生みの親はレーニンです。

レーニンはソ連の政治家でした。

1991年にソ連は崩壊した後はロシアになりましたが、今でもロシアは昔の共産主義的な思想は残っていると思います。

共産党の国々

現代、共産主義の国と言えば中国や北朝鮮と連想します。

かつて、共産主義の代表国であったソ連だったロシアは共産主義国ではありません。

ちなみに、歴史的に見ても日本は共産主義の国になったことは一度もありません。

しかし、国会の政党を見てみると「日本共産党」があるように、日本における政治的思想には共産主義が存在します。

しかも、戦後の日本には共産主義の思想が色濃く残って、なおかつ今でもその思想に洗脳されていると言われています。

共産党とデュープス

2018年 (平成30年) 12月4日 (火) に放送された虎ノ門ニュースで初めてデュープスという言葉を知りました。

何もこれは共産主義のためにある言葉ではなく、一般的な英単語です。

スペルはdupes と綴り「騙されやすい人」と言う意味があるそうです。

日本にはこのデュープスが非常に多いと説明されていました。

しかし、このデュープスとは一体どのような人なのでしょうか?

デュープスとは無自覚の共産党主義者

日本の政党をみても、共産主義の人が決して多いとは言い切れません。

しかし、無自覚の共産主義は意外に多いと言われています。

なぜなら、大勢のデュープスが日本にはいるからです。

デュープスとは自分では共産党員でもなければ、共産主義思想でもないが、結果的に共産主義の手助けをしている人を指します。

コミンテルンのメンバーは非常にプロパガンダが上手い団体です。

もしかしたら、あなたも知らずにデュープスになっているのかもしれません。

虎ノ門ニュースで知ったデュープスの正体

About